さのや買取りニュース

金相場は米株暴落を受けて続落。本日18金1g=4,190円で買い取りいたします。

2020年3月17日
昨日は米連邦準備会(FRB)の緊急利下げと量的緩和策の発表で、上昇に向かうと見られた米株式が反転、ほぼ3,000ドルの暴落となりました。株式の暴落を受けて金の換金売りが再び顕著となり、ニューヨーク金市場では一時4時間余りで100ドル近い金の値下がりで1,450.9ドルの安値をつけました。日中取引が始まると株安一服を受けて、金の値下がりは一服となりましたが、1,519.3ドルで取引を終えています。プラチナについても急落の展開となっています。

国内の証券市場は、米株の暴落を受けて続落して始まりましたが、現在は400円~200円の前日比プラスに落ち着いています。

本日の18金買取金額は昨日より90円の値下がりです。

本日18金1g=4,190円、Pt900:1g=2,190円で買い取りいたします。

コロナショックで株式市場は乱高下、金相場など商品相場も連日の値下がりとなっています。