さのや買取りニュース

3連休明けの金相場は反落もドル安を受けて下げ幅は縮小。本日18金1g=4,410円で買い取りいたします。

2020年1月14日
10日のニューヨーク金市場は米イランの軍事衝突が回避されたことで落ち着きを取り戻し、また米中の通商合意を控えて金相場は軟調となりました。昨年12月の米雇用統計が予想を下回ったことでドル安・円高が進み金が買われる場面もありましたが、株高を受けて戻りは売られました。

本日の18金買取金額は先週末から10円の値下がりとなりました。

本日18金1g=4,410円、Pt900:1g=3,216円で買い取りいたします。

金相場は高値を継続、このチャンスにぜひご売却をご検討ください。