ボッテガヴェネタ買取

BOTTEGA VENETA

1966年イタリアのヴィチェンツァに設立されたボッテガヴェネタは熟練した革職人による伝統技法により、手作業で一つ一つ丁寧に革製品を作り出していきます。バッグや財布などの小物に使われているイントレチャート(編み込みの技法)はブランドロゴを付けないボッテガヴェネタの代名詞ともいえます。素材には羊革や牛革などの高級皮革が使われますが、最近ではイントレッチオ(型押しレザー)、アイヤーズ(水ヘビ革)などの素材も使って様々なアイテムで展開されています。

ボッテガヴェネタ買取相場

【中古Aランク】(多少の小・中傷あるが程度の良い商品)から【N】ランク(全くの新品で未使用製品)までの 買取価格です。


ボッテガヴェネタ 2つ折り財布

ボッテガヴェネタ 2つ折り財布

12,000〜 25,000

ボッテガベネタの2つ折り財布高評価!! 状態が良ければ尚◎

ボッテガヴェネタ ラウンドファスナー長財布

ボッテガヴェネタ ラウンドファスナー長財布

¥35,000〜ASK

定価¥97,200(税込)高額査定中!

ボッテガヴェネタ 長財布

ボッテガヴェネタ 長財布

30,000〜 ASK

メンズ、レディース問いません。黒、茶系は高評価。素材 でも全く価格が変わりますのでご相談ください

商品を高く売るコツ詳細はこちら

「さのや」は1,000円から買取いたします。
買取リストにないものや少額品もお気軽にご相談ください。

すべての商品に言えること。「きれいに」と、「付属品が大切」がポイント

商品は同じものなら、新しいほど査定が高くなりますが、「さのや」は新品はもちろん、使ったもの、中古品も大歓迎です。
中古については、まず<きれいにしておくこと>がポイント、例えばバッグなら内外のごみを落としておくことが大事。また使わずにしまっておいたバッグはカビがはえたり匂いがついてしまったりしていることがあるので、そのままの状態で持ち込むと査定時に減額される可能性が高いです。時計も 裏ぶた、さらにバンド裏側などの箇所、指輪も石の裏側などきれいにしておくことです。
次は<付属品(箱、袋、保証書、鑑定書、鑑別書等)があるならば>一緒に持ってきたほうが有利です。ロレックスは保証書の有無によって数万円査定額に差が出る場合もございます。またダイヤは大手鑑定機関の鑑定書があれば査定金額が大幅にアップすることもあります。中古品は、きれいにと付属品は全てに共通する大切なポイントです。
またどの品目のブランドでも限定商品の特別な人気は短期で、かなり相場が下がるのが早く、より高くお売りになるなら、あまり時期が経過していない(半年以内) 頃に、お売りになるのをオススメします。もっともそのころは手放したくないと思いますが、限定品の人気が続いている間は通常商品と違いかなり高値での買取になります。

さのやの鑑定作業の様子詳細はこちら

鑑定作業の様子1

鑑定窓口は5ヵ所あります。それぞれの窓口で宝石から時計、バッグ、衣類に至るまで、その場で鑑定、査定を行います。全ての分野で専門知識をもった熟練した「さのや」の鑑定スタッフが最新の「さのや」買取データベースを駆使して、高い相場で評価します。

鑑定作業の様子2

宝飾品などは専門の鑑定機関並みの高度な鑑定が要求される場合があります。「さのや」には『米国GIA認定鑑定士』のスタッフも在籍しています。また貴金属の鑑定には最新のX線分析器を導入し、刻印がないアクセサリー等についても正確な査定ができます。

バッグ

最も偽造品の多いブランドバッグは、細心の注意を払いながら鑑定します。ブランドごとに「さのや」のマニュアルに沿ってチェックポイントをひとつひとつ、丁寧に観察して行きます。

ブランドのロゴや、隠し文字、部品の1点1点の特徴を細かく点検します。同時に傷・汚れなどのダメージを考慮してランクを設定して査定し、最高の金額を算出します。

時計

まず手に持った「感触」や「重さ」などの最初の感覚が鑑定のポイント、この最初の感覚が大切なのです。時計(前面)フェイスの観察で偽造品や改造品の多くは見破ることができます。

ムーブメント(機械)のコンディションや、ブレスレッド等の消耗度は時計によってそれぞれ異なっています。これらを総合的に判断し、ランク付けをし最高の査定価格を算出します。

宝飾品

宝石鑑定の基本は、まず10倍ルーペ。全体のデザインや宝石の美しさは査定価格に大きく影響してきます。真偽の鑑定はもちろんですが、宝石としての価値を査定価格に反映させることで、「さのや」の高査定が実現しています。また、貴金属の価値を決める地金価格は、ホームページ上で毎日更新し、高い買取相場を保っています。

高額な宝石でも、鑑定書や鑑別書が付いていない場合もあります。「さのや」では中央宝石研究所など日本でもトップの鑑定機関から講師を招いて、毎年研修を行っています。又社員として『米国GIA認定鑑定士』もおり、常に新しい情報を取り入れながら、鑑定力を強化しています。

衣類

衣類の場合は、シーズンごとの流行の変化が激しいため、デザインのチェックが重要になります。また、スーパーブランドの衣類になると、偽造品なども多いため、チェックポイントとその特徴をよく観察します。

古着といっても、取り扱いはブランド品が中心になります。良い商品には最高の値付けができるよう、汚れや傷の見落としのないようにチェックが行われランク付けされ、その中で最高の価格をつけます。